お客さまの声 大阪狭山市 タモツ自動車

大阪府大阪狭山市東池尻5丁目1445-5  土日・祝日も営業中

タモツ自動車へのお問い合わせはフリーダイヤル0120-41-9668

カテゴリー:車修理事例 の記事 一覧

20件 1件目から10件目まで表示 (2ページ中1ページ目)

1 2

錆・色剝げ補修

投稿日時:2022年11月30日 20:55:08


いつも当社ブログをご覧いただきましてありがとうございますsmile

当社お客様よりちょこちょこお問合せいただきます色剥げ】

のお修理についてご紹介させていただきます。

今回の車両は色剥げ】というよりは【錆・腐食】

という感じです。

image

ボンネット部分が色剥げでルーフ部分が腐食しておりますyell

通常、ルーフパネルを取替る作業になるのですが
車両年式が古く取替パーツが廃盤となっておりました・・・残念yell
image

なので補修するしかないのですyell

image

腐食部分を削っていきますと穴が開きました。
腐食部分は完全に除去しなければ又同じことを繰り返してしまうので
徹底的に除去しますsmile
image

『この錆び方はなぜ?』という疑問がずーっとあったのですが

ルーフの内張を捲ってみると原因がわかりました。
image

image

ルーフ補強のために入っているビーム部分のシーリング部分が錆びて
それが伝播していった感じですね・・・die

こういう錆び方は初めて見ます。
image

ダメな部分をカットしていきます。

内側のビーム部分もアカンところはカットして代わりのお手製補強パネル

を取り付けます。
image

image

カットしたところは廃材の車のパネルを形を整えて移植します。

車のボデー用の接着剤を最大限利用して仕上げていきます。
image


その後パテ作業にて元通りの形に成型して仕上げていきます。

ちなみに作業者は「釣り名人前田君」ですwink
image

塗装作業終了~

image

補修した形跡もなくピカピカですwink
image


ボンネットも色剥げが凄かったのですが、ダメージを受けている塗膜を

全て削り取って、防錆処理→サフェーサー塗布→研磨作業→上塗り塗装

の順番にて仕上げていきますwink
image

ヘッドライトも曇りが凄かったのですが

研磨→クリヤー塗装にてピカピカにtongue

これでしばらくは安泰です。
image

ヘッドライトに使用されている「ポリカーボネート樹脂」

軽くて強度があるので広く使われていますが

黄色く変色してくる傾向があります。

磨いて→コーティングとか研磨→クリヤー塗装


などの方法できれいにできますので当社スタッフにご相談ください。

お待ちしております。

ディファレンシャル積み換え

投稿日時:2022年11月19日 07:40:25

こんにちは。
今日の修理のご依頼は、高速走行中に大きな音が車の後方から鳴り走行不能になってレッカー車にてご入庫されたお車の修理です。
当初は車が前にも後ろにも動かなかったようですが、当社に入庫してからは移動できるようなのでリフトアップして点検診断してみると、リヤのディファレンシャルが空回りしているような感じです。
この車はスバルの4WDなのでリヤデフが空回りしていてもフロントデフが駆動しているので、動くことは出来ます。
さっそく、リヤデフを下ろしにかかります。


image
ディファレンシャルキャリアを下ろして分解してみると

image
ディファレンシャルピニオンが飛んでしまっています。
ピニオンギアの欠けているところにサイドギアがくることによって空回りしてしまうのでドライブシャフトからタイヤに駆動が伝わらないので前輪駆動の状態になっていました。
さっそく、新品のディファレンシャルキャリアAssyに積み替えです。

image
さらっぴんのディファレンシャルキャリアを積み込んでいきます。
   image        ドライブシャフトにはダメージは無かったようなので、良かったです。image

無事に換装できました。
image
修理代は高くなってしまいましたが、お客様にとっては愛着があり大切に永く乗ってこられたお車の修理をさせて頂いてとても光栄に思っています。

古くなって距離も多くなって故障して、買い替える方もおられますが、
愛着もあるし他に欲しい車もないし、車買うより修理する方が安いしと、
こんなふうに考えて修理希望されるお客様もたくさんおられます。
車に限らず物を大切にする心を持つ人は素晴らしいなと思いますし、お手伝いできる私は幸せだなと思います。
カーライフのお手伝いをするのが私の仕事だと思っています。
車のことなら何でもお気軽にご相談ください。


           ーーー山好きの整備士ーーー

1991年 S13 シルビア 不動修理 その5 クラッチマスター レリーズシリンダー交換

投稿日時:2022年09月30日 11:36:09

S13 シルビア 25年不動修理

全く切れないクラッチの修理です
引き取り時からギアが入らなく(一時抜けなかった) 積載苦労しました。。

ピストンが全く動いていないようなので、当社オーバーホールしようと思ってましたが 症状酷いので全交換です

image


クラッチマスター
クラッチペダル裏 覗き込んで いつもながら抜け留めのピンを紛失しがちなので注意です。。
image

タンクごと奇跡の純正出たのでラッキーです

image
image
クラッチレリーズシリンダー
クラッチ切れない 戻らないのはこれが原因でした。固着して全く動かない。笑

image

ミッションの横に張り付いてるだけなので、交換は簡単です。
これも奇跡の純正が出ました

image

クラッチオイルのラインは純正は何故かエア抜きポイントが2つ & やたらと曲がって入り組んでいる。

あまりメリットを感じられない&部品が所々高額だったので 外品ですがダイレクトタイプのクラッチホースに交換。

クラッチフィーリングも良好です。

無事にクラッチ切れるようになり、クラッチ自体も滑っている感も全く無いので ここまでとします。
このノーマルエンジン ノーマル見た目で何故かバキバキの強化クラッチ入っていたのはびっくりでした。。。


つづく。。


1991年 S13 シルビア 不動修理 プチレストア その4 ブレーキオーバーホール ローター交換

投稿日時:2022年09月29日 11:18:49

S13シルビア 25年不動修理 
固着し引きずりまくっているブレーキを直します
image

ご覧の通りの。。具合です。
リアキャリパーに至ってはサイド戻り切っていません汗

image

フロント

image

リア
image

リアはサイドブレーキがあるので こんなネジが切ってあります。
ピストン入れるのがなかなかコツが要ります汗

image
image

ピストンは磨いても再生不可なので交換。
キャリパーのOHキットは外品で部品出ます

image

研磨してピカピカにするのですが、ピカピカの後の写真はいつもの如く作業没頭して撮り忘れました。。

日常使用の車でもブレーキオイルを定期的に交換していないと いつかこうなりますので
2年に一回のブレーキオイル交換を強くお勧めします。

image

NAとターボでブレーキ周りはサイズと適合が絶妙に違うので 部品は注意です

あっという間に、。。
ローターも新品に交換(DIXCEL)して
キャリパーは外したついでに黒く塗装。
見栄えも良くなりました


つづく。。。

1991年 S13 シルビア 不動修理 プチレストア その3 ショック 車高調交換 ブーツ交換

投稿日時:2022年09月28日 10:55:59

長らく間が空いてしまいました
S13 25年間不動修理 殆どプチレストアみたいになってきました。

image

25年で1メートルも動いていないので 勿論ブレーキも固着しまくってます。

サスは奇跡の純正が付いておりますしたが、動いてないので交換します。


image


シルビア、ローレル系のフロントショックはとても外しやすい部類の車です。

生産終了から30年近く経ち 純正は廃盤部品が殆どですが 未だに根強く人気があるのかサスペンション等は無限に選択肢があります

攻めた走りはしないでしょうが、STANCEさんの車高調を投入です。笑

バネがえらい長いですが。。超高速耐久用という事で。。。


image


リアも同じく交換。


image

写真を撮り忘れましたが、フロントロアブーツも破れていたので交換。
何故か S13-14のみロアブーツ単体の設定が無い。
カシメタイプで径的にはOHNO 品番でDC1642が近かったですが、 

結局DC1635品番が ドンピシャでした。
タイロッドブーツはカタログ品番記載有り。
同じ困り方をしたメカニックさんへ 参考になれば。

次回ブレーキ周りです。 つづく




愛車の復活

投稿日時:2022年09月25日 22:34:35


こんにちは。山好きの整備士です。
今回のご依頼は、永年大切に乗ってこられた愛車の修理です。
御自分の相棒として大切に乗ってこられたエブリイですが、日常点検時にラジエターキャップを閉め忘れて走行しエンジンストールして再始動できなくなりロードサービスにて搬送されてきました。

診断の結果は、冷却水不足によるオーバーヒートでシリンダーヘッドガスケット吹き抜け及びシリンダーヘッド歪みです。

エンジンオイルパンの中からオイルに混じった冷却水が大量に出てきました。マフラーからも水が出てきました。

ここまでくると、エンジンオーバーホールが必要ですが、そうなると高額修理になります。

最近はオーバーホール済のエンジンをリビルトエンジンとして販売されており、リーズナブルな価格になっているので、現物をオーバーホールするよりも価格的には安上がりになりますので、『リビルトエンジン載せ替え』作業になります。

(過去には自分の車のエンジンをレース用にチューニングしてオーバーホールしてきた僕はオーバーホールしたいのですが、時間と費用がかかるためお仕事では、このようにさせていただいております)


image


車両からエンジンとミッション一体で降りてきました。

image

降ろしてミッションと分割します。

image

補器パーツを取り外しエンジンを裸にします。

外したパーツを新しいエンジンに移植していきます。


image


元通り補器が組み終われば、ミッションと合体し車両に搭載してエブリイが生き返りました。


高額修理になるので作業前にオーナーの方とお話をしたところ

「永いこと乗ってきて愛着があるからな、俺の免許もそう長くは無いのでこの車を最後まで大切に乗りたいから修理してくれ」

との車に対する暖かい言葉をいただいての修理でした。


大切なお車を永く乗っていきたいと言うお客様の気持ちを重んじて手助けをしていくことは、私にとってもとてもやりがいのある仕事だと思い誇りをもって取り組むことができます。

いろいろなケースのカーライフのご相談をじっくりとさせていただきます。
 



1991 S13 シルビア 不動修理 その2 燃料フィルタ、ホース交換 洗浄

投稿日時:2022年08月26日 13:41:48

1991年 日産 S13 シルビア 25年不動修理
前回の続き燃料系です

燃料タンクポンプは交換終了

毎回ですが 作業没頭しすぎて写真を撮り忘れます、。

燃料ホースは全部パキパキ&燃料がガム状になったカスが出てきます。
これはエア洗浄殆ど終わった後ですが。。
最初は真っ黒でした
image

image

燃料フィルターはインマニの下あたりに居ます。交換。
これも交換前写真忘れましたが、。。臭い黒いのが無限に出てきました。

image

インジェクタ横に付くパルセーションダンパー 燃圧を司る部品。
詰まり気味だったので交換したかったですが 製造廃止。
Oリングは出ましたので交換。できる限り洗浄して再使用。
インジェクタも洗浄 再使用。

燃料ホースは純正部品値段高騰が凄いので径を測ってOHNOの汎用品にて交換します。

image


オイル交換諸々を完了させ、
ホース一本抜いた時点でIG ON。燃料が元気よく吹き出てきました。

クランク手で回すと、回る!
ドライスタートにならない様に何周かクランク手で回し。。
スタートキーON
セルも回る!
エンジン始動!
排気漏れ漏れで臭い!(嬉しい匂い)

動画が載せれないので残念ですが、この瞬間が
整備士やってて良かった と思える瞬間ですね。
疲れが吹き飛びます。

という訳で意外とあっさりエンジンかかってしまって残念な感じも少ししますが 次週固着した足回りです。

つづく。。












1991 S13 シルビア 25年不動修理 その1 燃料ポンプ タンク 交換

投稿日時:2022年08月25日 13:13:38

1991年式 S13 シルビア SR20DE 25年不動修理
まずはエンジンをかけたいという事で 間違いなくダメな燃料ラインからです。

腐った燃料で被害拡大しない様 燃料ポンプのカプラー、インジェクターのカプラーは抜いて通電させない様 
IG ON。これがベストと思います

リアトランクをめくって右下にある燃料ポンプを抜きます

image

ドキドキ、。。

image

、、。。くっっさっ、。。
想像を遥かに超える腐敗

タンクだけでも復活して欲しいと錆落とす特殊液剤に数日漬け込みましたが、、、

image


鉄が全て朽ち果て全然ダメでした。。
臭すぎてこれ以上近づいて写真撮れませんでした。えずきすぎて泣いていました。

3.4年?くらい放置すると燃料も腐るので
車は定期的に動いてる方が良いですネ。

どうしても 長期保管するのであれば 燃料満タンにして空気と水分がなるだけ少ない状態にした方が良いと思います。

という事で

image
 
中古良品燃料タンク ポンプに交換
Oリング合計2つは必ず交換。

image

勿論 燃料タンクは純正新品製廃。
ポンプは出ますが8万円とやたら高騰。恐らく生産はしてないのでしょう。
今回はスカイラインR32系の燃料ポンプを流用します。作動音は大きくなります

長くなったので 次回は燃料ライン後半戦です。。

つづく。。



1991年 S13 シルビア 25年不動修理

投稿日時:2022年08月24日 12:50:34

1990年代後半から約25年間 1メートルも動いていないS13シルビア 再復活修理です。

image

勿論エンジンかかりません
ブレーキは引きずっている。クラッチ切れずペダルが奥から上がってこない。、。笑

image

SR20 直4 2.0L名機です。
中古車市場は最低3桁になってきています
Qsグレード SR20DEのノンターボですが、
今では逆に?!貴重かも

ここまで長期間不動の車は流石に初対戦なのでとても良い経験になりそうです。

とりあえず エンジンをかけよう

つづく。。。

1975 セリカLB ショック交換 その3

投稿日時:2022年07月13日 17:49:32

1975 セリカLB TA27 ショック交換 
最終章です。

image


ショックケースをバラし
KYB ショートショックをいれていくのですがここで問題が。。

image

ショックがショート過ぎてケース内で遊びまくる、。
遥か大昔TRDからそんな時用のゲタが出てたのですが もうありませんでした。(T . T)
 
切ってしまおうかと諦めかけましたが
埼玉のTH SERVICE さんがそんな時用のゲタを製造されていたようで、そちらを使わせて頂きました。 

image

ゲタの写真は。。忘れていました。
元通りケースに組み込み、スプリング アッパーと装着。
ハンドルセンターとアライメントを調整して
完了です。
2stジムニーから ゼロクラウンになったかと思うほど乗り心地は改善しました。


image


色々とガタが出てきているので また修理案件預かりましたら掲載させて頂きます

20件 1件目から10件目まで表示 (2ページ中1ページ目)

1 2
旧スタッフブログへ

車検の無料お見積もり

メンテナンス割引クーポン

車修理のご相談

お問い合わせ

インスタグラム

株式会社タモツ自動車外観写真

0120-41-9668TEL:072-366-0106
FAX:072-366-0444
営業時間:9:00~18:00
水曜・第2火曜定休(土日・祝は営業)

大阪府大阪狭山市東池尻5丁目1445-5

詳しい地図を表示

出張エリア
大阪狭山市全域・堺市河内長野市富田林市など近隣
※一部区域は該当しない場合がございます。

コアラクラブのタモツ自動車ページ

MOTA

楽天車検

Paypay決済

お車のご購入にTポイントポイントカードが使えます。乗り換えをご検討の方はぜひご来店ください。