これからが本番!  暑さ対策!

皆さん、こんにちは。
日頃のお車と保険のご愛顧、誠にありがとうございます。

 近畿地方も梅雨入りし年々暑さが増してきていると感じざる
負えないdie今日この頃ですが今年も昨年に増して暑くなりそうです。

 皆さんもご経験されておられる通り夏の車内は非常に高温です。
炎天下に駐車した車の車内温度はなんと 55度(ダッシュボード
表面は75度)をも超えるそうですdie

 今回、車内温度を下げる効果的な方法をご紹介したいと思います。

いきなりエアコンで素早く車内を冷やしたいところですが、駐車し
ていて既に高温になっている車内にエアコンを使ってもなかなか
温度は下がりません。むしろ空調に負担が増すだけ・・・・

 そこでまずやるべきことは車内の温度を出来る限り下げる事が
重要となります。温まった空気をまず外へ逃がすことで車内冷却
がより効率的となります。
 複数のドアを開けて風を通すか、急ぐなら運転席か助手席一方
の窓を開けて窓を閉めた逆側のドアを5回ほど扇ぐように開け閉め
すると車内の空気が入れ替わりやすいです。車外の空気が車内に
入るので効率よく車内の空気温度が下げられるようです。
(5/24アップの「猫バンバン」のように適度な力で開閉してね~)
 
 下記URLをご参照
  https://senior-lifehack.com/car/kuruma-atsusa-taisaku/

 その後、車に乗ると・・・

 エアコンを作動させた後はついつい風の向きを自分へ向けたい!
と誰しも思う事でしょう・・・

  しかし・・・
 
 ここで我慢し、その気持ちをこらえて上へ向けることも効果的!!
 暑い空気は上部に溜まりやすいので冷気を上方へ送った方がより
 効率的に室内温度を下げることができるようです。
  その際、車内よりも車外の空気の方が温度が低い場合はエアコン
 モードは”内気循環”ではなく”外気循環”にされた方がさらに効果が
 見込めるようです。
 
  また最近のお車はアイドリングストップ機能も標準化されており
 ますが渋滞につかまりノロノロ運転になっちゃうとエンジン停止で
 も送風状態となりますので熱中症対策としてアイドリングストップ
 機能を解除されて運転するのも良いのではないでしょうか。


PS 詳しくは下記QRコードにて
   ”暑さ対策”  ご参照ください!

 
                筋トレ好きの店主より